本気で留学したい人を本気で応援する留学サポートサービス

VOICE

留学体験者の声

写真

萩原瑞希さん

大学を休学し、1年間「ワーキングホリデー」へ。

留学データ

  • 留学先ニュージーランド(オークランド)
  • 留学期間1 年間

─ 英語力を上げるため、高校の地理の授業で出会った憧れの場所へ ─
留学を通し視野や価値観が広がっただけでなく、
自分自身が大きく変わったという実感があります。

★留学のきっかけ
高校の時に英語が好きになり、もっと上達させて使いこなせるようになりたいと思ったから。

留学先を選んだ理由
高校の時に同じく大好きだった教科である地理で習った自然
(テカポの星空、ミルフォードサウンドなど)を見たかったから。
都会よりも、のどかで自然が多い国だということも魅力の一つ。

留学生活について
学校はもちろん、街中も多国籍であったため
発音や癖も様々で聞き取りが難しかった。
国によって人柄、性格が分かれていて楽しいが、
一緒に生活するとストレスにつながることも多くあり
距離の取り方に悩んだこともあります。

★語学の学び方
①語学学校(4ヶ月間)
入校した日にテストを受けてクラス分け。
約1か月ごとにある経過テストの結果次第で
クラスのレベルアップができるシステムです。
教材を使った授業に加え
流行の音楽の歌詞を曲に遅れないようタイピングしたり、
マオリの文化や国の歴史を学ぶ土地柄独特の授業もありました。

②学校以外
フラットメイトとのコミュニケーションや
アルバイト(日本食レストラン)での接客で英語を使っていました。
内容としては、典型的な飲食店での接客文に加え、
ワインや日本酒の説明なども勉強しました。

帰国前のひとり度(行先:南島)が最高でした!

クライストチャーチ、テカポ、クインーンズタウンをまわり、
念願のテカポの星空、ミルフォードサウンドをこの目でみました!
旅先での出会いも多く、それまで人見知りだったはずの自分が、
宿で出会った人とご飯を食べに行ったり
同郷の人と話が盛り上がったりと
たくさん変わることができたと感じています。

★帰国後の感想
食事や友達、家族など、日本が恋しい部分も少しはありましたが
留学生活はあっという間で楽しかったと改めて思います。
大学の講義で耳にする英語とは違い、日常生活そのものが英語に囲まれ、
自分がやりたい英語の勉強に集中できる生活は幸せでした^^

★留学カウンセラーに相談してよかった!
”留学に行く”と決めてから出発までの期間がかなり短かったため、
留学する都市や学校、保険や航空券の予約など
様々なことを調べて提案してくれたので、
自分も親も安心できたので安心して出発できました。

★新たな目標
家族を連れてニュージーランドを案内したい
もっと色んな国を見てみたい!

★留学を検討される方へ
留学に踏み切るまでは、費用など様々なことで悩むこともありますが、
私は留学に行った方の「行ったら絶対に楽しい」という声を信じてよかったと思います。
英語の力が上がるだけでなく、現地でしかできない経験が
知らず知らずのうちに自分を成長させ、
自分に自信が持てるようになりました。
留学しようか悩んでいる方がいるなら、
「とりあえず」という気軽な気持ちで相談してみたらいいと思います。

★留学先のいいトコロ
NZ国内はどこでもおしゃれなカフェがたくさんあり、
休日は多くの人が遅めに起きてブランチを楽しんでいるので
カフェめぐりがと~っても楽しい!
また、自然を楽しむなら南島がおすすめ。
街並みも、それを取り囲む景色の美しさも日本とは別格で、
クリーンズタウンは本当に素敵でした。
アクティビティも多いので、スカイダイビングで上空から楽しむのもいいかも!!